単身赴任の暮らしを考えたお部屋!

単身赴任の暮らしを考えたお部屋

 

単身赴任の方の借りる部屋はワンルームが多いようです!

中には、広めの1LDKなどのゆったりしているお部屋もありますが、単身赴任は一人住まいなのでほとんどの方がワンルームを選ばれます。

家族で暮らすなら2DK、2LDK、3LDKを借りる方も^^

そういった部屋は畳の部屋があったり、フローリングの部屋があったりと色々ですが、すべての部屋がフローリングだとどうだと思いますか?

冬はとても寒く、暖房で暖かくしても床が冷たく,なかなか全体が暖かくならないんです!>_<
そして、フローリングだと床には直に座るイメージも無いのでテーブルとイスが必要ですよね !

だから、単身赴任用の賃貸マンションの床はカーペットのお部屋が主流となっているんですよ^^

一般の賃貸マンションは通常、ワンルームを求める年齢層として若い独身の方をターゲットにしています。

なので設備などは最新式のデザインのものにしたり、若い方が求められるように考えられ、フローリングの床が多くなっています。

単身赴任をされる方の年齢は昔より少し年齢層も下がっていますが、やはり40代の方から定年までの方が多いですよね。

単身赴任生活は、それほど長期間暮らす部屋でもないため見た目のデザインより、暮らしやすさや快適さを重視するのがオススメです!

 

 

単身赴任を全力で応援!専門家ブログ!

大阪の単身赴任マンション<食事付き賃貸特集>
大阪の単身赴任マンション<食事付き賃貸特集>

 

シェアをヨロシクね^^