ワンルームの部屋を広く見せたい!

シェアをヨロシクね^^

ワンルームの上手な家具の置き方☆

一人暮らし用の部屋として選ばれることが多い部屋がワンルーム!

単身赴任で部屋を探している方の中にも、ワンルームタイプの部屋を探している方がいるのではないでしょうか?

ワンルームは、人が一人生活するために丁度いい大きさ!

 

でも、丁度いい大きさとはいえ

「ワンルームタイプは家具を置くと狭くなるから…」

とあまり家具をおかないようにしているという方もいるのでは??

 

実は、お部屋は家具によって狭くもなりますが、配置を工夫するだけで広くもみえます!

 

ワンルームのお部屋を広く使うためには、家具の配置が重要です!

 

まず、家具の配置でしてしまいがちなのは、部屋の角に背の高い家具を置くこと。

コーナーに背の高いものを配置すると、圧迫感のある部屋になってしまいます!

 

なので、高さが低めの家具をコーナーに置いてください!

部屋にまとまりがでて、広さが感じられる部屋になりますよ^^

コーナーを上手に使うことが部屋を広く見せるポイントになるんです

 

 

そして、もう一つポイントになるものが『部屋の統一感』!

家具だけに気をつけるのではなく、床や壁の色を考えて統一感のある部屋を作ってみてください^^

こうすることで、またまとまりを作り出すことができ部屋が広く見えるということになります^^

 

ちょっとしたことですが、ワンルームでも家具の配置によって部屋の広さ、見え方は変わってきます!

 

家具の配置と、部屋の統一感に気をつけてあなただけの部屋を作り出してください♪

 

 

単身赴任を全力で応援!専門家ブログ!